2019年11月24日

カスタムと修理



全然気付かれないカスタム
の一つとして配線があります。

配線が綺麗なバイク屋は
仕事も丁寧だと思うのは
僕だけでしょうか?

無駄にジャンクションボックスつける
お店もありますが
セルの無い
少ない配線では必要無いと思うのも僕だけでしょうか?

9BED8933-C79C-4E72-B774-C2D6F70088C9.jpg

これもカスタムです。
布巻き配線見せたいけど
外のカバーは細くしたい。
通常布巻き配線通称コタツ配線を使用して
ワイヤールームと言う名の配線カバーを
使用するとき二本通すのには
上のカバーですが
中身を現行の配線に
変えると下のカバーの細い奴に通ります

そうすることで配線カバーが少しでも
小さくなるんです。
微妙差ですがこれもカスタムですね

当店のカスタムバイクは
これで仕上げてます。

F84AD2DD-CD29-4AE0-BCB6-0AE58D6FDE2C.jpg

でこんな所から折れますか??

とりあえず熔接で修理



1A24048A-E816-4058-AD69-2E4369DB9271.jpg


ショベル。パンのスイングアーム
ベアリング大概逝っちゃってます。

貴方のベアリングは大丈夫???

別途にてセンターカラー加工も
受け付けてます。

まぁーローダウン車両には
必要無いですが…

ノーマルのサスや
走り重視のバイクには
雲泥の差が出ます


44C33F02-A1B9-4FA3-A85B-59A7C168EA2A.jpg


面倒がらずに
タイヤ交換の際チェックしてみて下さい。

お問い合わせお待ちしてます。


posted by けんたろー at 05:55| Comment(0) | 製作 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: